Welcome to my blog

daer 福寿草17(エピローグ)

桃伽奈



つくしside


 「柊」で行われている、類と女将さん、不動産の重さんに、大家さん夫婦。
 この奇妙なメンバーでの話し合いの目的は2つ。
 1つはバイトが終わる前に教えてもらえた。
 あたしの引っ越し先の新しいアパートは、まだ先住者がいて月末までは空かないらしい。
 そこでそれまでにあたしが住む家についての話合いだった。
 ってこれって、当の本人をのけ者にして話し合うことなの……って思うんだけど……。

 話し合った結果、あたしは月末まで大家さんの家でお世話になる事に決まった。
 類としてはこのまま花沢邸であたしを一緒に住まわせたかったらしく、かなりゴネたみたいだったけど、あたしがあそこだと気を使って落ち着かないっていうのを女将さんはまるで見ていたかのように分かってくれていて、結局大家さんの家の空き部屋で住むことになった。
 当然、あたしの「今のアパートでこのまま契約終了まで住むよ」っていう言葉は、全員に却下されてしまう。
 そりゃ、昨日の夜部屋へ帰った時は、一瞬恐怖を思い出してしまったけど……。



 もう1つは……。


 大家さんの家でお世話になっている時に、薄々気づいたというか……嫌な予感がひしひしと感じてきた。
 正直、面倒見のいい大家さん夫婦の家でお世話になるのは楽しかった。
 「バイトが終わって夜遅くに帰宅するから気を使わないで欲しい」ってお願いすると、あたしの気持ちを尊重して2人はいつも先に寝室へ入り、帰宅したあたしは静かにお風呂の残り湯を頂いてからあてがわれた部屋へ戻った。
 奥さんは、朝ご飯はついでだからってあたしの分まで用意してくれるし、「いってらっしゃい」って見送られるのもすごく嬉しい。
 気は使うけど、ずっと1人暮らしだったあたしにとって誰かと一緒に暮らすっていうのは、心を元気にしてくれた。
 そんな日々の暮らしだったのだが、工事が始まった。
 と、言っても大家さんの家ではない。
 あたしが住む予定のアパートの工事だ。
 それがあたしの第六感がざわつくというか……何というか……。



 セキュリティ対策がなっていないアパートであたしが襲われかけた事を心配した類と女将さんが、この間の話合いで新しい引っ越し先について意見を言って来たらしい。
 けどあたしの予算上もっといい物件に変更は厳しく、苦肉の策として新しく住むアパートのセキュリティを上げることに決定した。
 元々、このアパートは周りが塀でぐるりと一周囲まれていたのだけど、2mあるかないかの高さの塀が3m程に高くなり、外部からの侵入に備えての監視カメラが設置された。
 そして誰でも自由に出入りが出来た塀と塀の間には、電子ロック付きの門が設置される。
 こんな堅苦しい改造のような事を、店子の安全のためだと大家さんは快く了承してくれたらしい。
 工事費も維持費もすべて類が払う事になっており、すでに居住していた人達も家賃が変わらないならっていう事と、あと半分は面白がって……で了承したみたいだった。
 同じ年くらいの美和さんを始めとして、意外とノリのいい住民たちなのかも……って想像してしまう。
 最も、あたしが賃貸でお世話になっている期間だけって条件で、あたしが出て行く時には全て元通りに戻すって話だけど……。


 新しく作り直した高すぎる塀に、新品の豪華な門。そしてその奥には古いアパートが佇んでいる、何ともミスマッチな風景にあたしは思わずあたしは口をあんぐりと開けて眺めてしまった。
 その隣でまだ納得がいかないのか、ちょっと眉を寄せている類の呟きが耳に届く。
「やっぱり門に警備員でも立たせようかな……」
「い、いらないからっ。一体どんなセレブが住んでいるアパートよ!」
「外からの不審者侵入チェックはしっかりしないと。ああ、それと大家さんにちゃんと忠告しておかないと……。今後このアパートの新規契約に関しては、しっかり相手の身辺調査をしてもらってからにして……それから……」
 類の呟きはまだ続いているのに、もう返事をする気も起きない。
 久々に感じる、この類との育った環境の違い。

 一般庶民には受け入れがたいっつーの。



 部屋が空き、引っ越しの手伝いに来てくれた咲良と恵美ちゃんも、新しいアパートを見て口を開けて驚いている。
「つくし……愛されてんね」
「つくしちゃん……花沢さんを大事にしなきゃダメだよ」
 そりゃ言われなくても大事にしなきゃって思うけど……、2人ともちょっとこのアパートに引いてるよね……。
 こんな風に2人のあたしと同じ庶民の反応になぜか嬉しくなってしまい、「心の友よ」と言ったら「がんばれ」とエールを貰えた。





 3月になり進が高校を卒業したら進学のために上京し、このアパートで2人暮らしが開始する。
 初めてこのアパートを見た進もあたしや咲良達と同じ顔をしていたが、ちょうどその頃、高橋商事は道明寺によって年末に潰れた工場に続き、年明けから内部告発が起き自社製品のリコールが相次いだ結果、高階社長は民事再生法を取るために手続きを開始した。
 その後、副社長による多額の業務上横領が発覚し、会社はどんどん泥沼化していった。最終的には会社更生法に切り替えられ高階社長を始めとした経営陣達は会社を後にする事になった。
 が、アパート住まいでテレビもなければ新聞も取っていないあたしは、その事を知ったのは随分後になってからだった。
 会社ってこんなすぐに倒産するものなの……? って疑問に思い「まさかこれ……って類がやったの……?」と頭に過った事を聞いてみたら、「違う」とだけ返事を返した。




 今日は日曜日。
 あたしに似て、働き者の進は上京してすぐ2ヵ所のバイト先を掛け持ちしながらさっそく働き始めた。
 そしてあたしはと言うと、日曜日だけやっていた家庭教師のバイトがあったんだけど、中学3年の由美ちゃんが無事英徳高校へ合格したので終了してしまった。
 新しい人を紹介して貰えばいいんだろうけど、類と一緒にいる時間が欲しいな……って思い、まだどうするか決めかねている。
 こうして桜並木を、類と手を繋いで一緒に歩いている時間が凄く大事に思えて、失いたくないって感じる。 
 春の強い風に、桜の花びらが舞っている。
 風の通り道を教えてくれるような動きに、目が奪われていると、
「今週来れて良かったね。来週だと葉桜になってた」
 類が桜の木を見上げながら話しかけてくる。
「うん。……あっ」
「何?」
「ちょっと動かないで」
 あたしがそう言うと、歩いていた足を止めて類がこっちを見る。
 腕いっぱいに伸ばして類の頭に乗った花びらを一枚摘む。
「取れた」
「ああ、乗ってた? すごい花びらだもんね」
 話している間も、新しい花びらがヒラヒラと落ちている。
 類は落ちてくる花びらを器用に空中で受け止め、
「桜の花びらってさ……」
「……?」
「絵で描くとハート型なのに、実物はそうじゃないよね」
 なんて事をしみじみと口にした。
 そうだっけ……?
 絵の花びらってハートだっけ?
 いまいちピンとこないあたしに、類が落ちている枝を拾って土の上に桜の絵を描いてくれる。
 確かに花びらの先が別れていて、ハートに見えなくもない。

「あ、これは!?」
 絵を描くために下を向いていた類の背中に、また新たな花びらが舞い降りた。
 それを摘んで類に見せる。
「これならハートっぽくない?」
「ああ、ホントだ」
 左右対称ではないから、いびつな形のハート型だった。
 今度は類があたしの頭の上に乗っている花びらを摘んで確認していく。
「……んん、これは違う。……これも」
 何て言いながら、お互いの頭や服についた花びらを取って形を確認していく。
 そのうちヒラヒラ舞い散る花びらも確認しだした。
 桜並木の道を散歩していただけなのに、いつの間にか2人でハート探しに熱中し出す。

 1時間くらいかけて、キレイなハート型の花びらを全部で5枚見つけられた。
 それをティッシュに包んで持って帰り、本の間に挟んだ。
「何してるの?」
「押し花にしようと思って」
「へぇ……」
 アイロンがあればすぐ出来るんだろうけど、生憎持っていない。
 次回類がこのアパートに遊びに来た時にはもう出来ているかな……?
 クリアファイルにでも挟んで、写真みたいに部屋で飾ってみよう。
 類が嬉しそうに笑ってくれる気がして、今からとても楽しみだ。

「何笑ってんの?」
 想像していたら、どうやらあたしの方が笑っていたらしい。
「出来上がるのが楽しみだな……って思って」
「そ……」
 言いながら類はあたしの体を引き寄せ、優しく触れるだけのキスをする。
「今日進は?」
「夜までバイト。ご飯これから作るけど、類は食べていく?」
「ならいいよね」
「え……?」
 言うなり押し倒された。
「る、類……!?」
「それとも俺の家くる?」

 ……る、類の家……。
 途端にいつも出迎えてくれる使用人さんの顔が浮かんだ。
 あ、あそこはやだ。
 みんなにバレバレなんだもん……。
「……」
 答えずに黙ったままでいたけど、顔にはしっかりでていたらしく類は勝手に結論付けてしまう。
「今日はちゃんと加減するから」
 ……か、加減って……。
 まだキスしかしていないのに、あたしの心臓は大きな音を出して体の中に響き渡る。

 ふわっと感じる類の香りに、あたしは両腕を類の背中に回した。




Fin






※あとがき
 最後までお話を読んで下さりありがとうございました。
 短いお話なのですが、相変わらずのマイペース更新なので思ったよりも時間がかかってしまいました。
 類パパとつくしちゃんの対面が書けずに「あれ……?」って感じです^^;
 楽しみにして下さっていた方がいらっしゃいましたら、すみません><
 プロットには対面シーンが書いてあったのに、短いお話なので途中プロットを確認しないで頭の中の記憶だけで続きを書いていったら忘れておりました::(←おい)
 見事なまでに記憶力低下を発揮中です;;
 パパはまたいつか……機会があれば^^;

 このお話を書いている間に、何とブログが一周年を迎えておりました♪
 一年前、初めてサイトに載せたお話が「dear」で、その一年後に続編を書いているだなんて……別に計算してやったわけではないのですが、ちょっと嬉しかったです。
 この一年は、サイトを通じて色々な方とお知り合いになれ、とても充実した毎日でした。
 いつも訪問して下さり、ありがとうございます。
 これからもマイペースですが、続けていけたらなぁって思っておりますので、私の妄想について来れるところまでよろしくお願い致します。

 次回のお話はパラレルを予定しております。
 途中までもう書けているのですが、ちょっと大きく書き直したい箇所が出来てしまいupはもう暫くお待ちください(汗
 お話を読んで下さりありがとうございましたw
 桃伽奈


関連記事

にほんブログ村 ランキング参加中♪
Posted by桃伽奈

Comments 12

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/13 (Mon) 20:38 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/13 (Mon) 22:05 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

こ様
 訪問&コメントありがとうございます。

 いつもありがとうございますw
 飽き性の私ですが、この一年はあっという間に過ぎました。本当に早かったです@@;
 (年を取ったからそう感じる……とは思いたくないですが><)
 マイペース更新で、「一年たったわりにはお話が少ないんじゃない?」って振り返っている最中です^^;
 毎日更新されている方は本当に尊敬します。コツなどがあれば伝授して頂きたいです><w
 
 いつか憧れの毎日更新が出来る日を夢見て、この一年も花男に囲まれて過ごしていきたいなと思っておりますw
 お話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈

2017/11/14 (Tue) 08:33 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

み様
 訪問&コメントありがとうございます。

 いつもありがとうございますw
 飽き性の私ですが、この一年はあっという間に過ぎました。
 まだまだ一人妄想しては「うふふ」と思っている毎日ですので、この一年も花男に囲まれて過ごしていきたいなあって思っております♪
 (「うふふ」って変な人みたいですね……。人前では気をつけます><)

 「福寿草」の引っ越しの時に、類が一緒に住んだら「find a way」の3人暮らしと一緒じゃん……って思い、それだけは被らないようにしようと気をつけました^^;
 結果、こんな感じに……w
 私も防音関係が気になって「家じゃなくホテル行けよ……」って思いながら最後のシーンを書いてましたww
 「加減」って本当か……? っと思いつつ……^^;
 お話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈

2017/11/14 (Tue) 08:54 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/14 (Tue) 22:17 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/14 (Tue) 23:52 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

凪様
 訪問&コメントありがとうございます。

 いつもありがとうございますw
 あい♪ 無理せずマイペースで、お互い頑張りましょう^^
 
 私も今回、一話の文字数を凪様みたいに減らしてみました。気づかれましたか?w
 いつも3500↑~4800↓あたりになるようにしていたのですが、今回は2000前後。いつもの半分ですw
 短くすれば毎日更新もできるんじゃ……って事で試みたのですが、結果は……「あははw」でした><

 一話をブログ記事に載せたところで満足してしまい、なかなか毎日更新できるようなスピードでは書けませんでした><
 夢の毎日更新の壁は分厚いです;;
 ですので、自分に甘いのですが、これからもマイペースで続けていきたいなって思います^^
 お話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈

2017/11/15 (Wed) 21:47 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

ま様
 訪問&コメントありがとうございます。

 この一年はすごく早く過ぎて、そしてとても充実していたなぁって思います^^
 ずっと応援してくださりありがとうございます><w
 まだまだ書きたいなっていう妄想は止まらないので、取り敢えず次の二周年を指して頑張って行きたいと思います。
 
 次回はパラレルを予定しているのですが、設定がかなり自由(?)になってしまっているので、大丈夫そうでしたらそちらもよろしくお願い致しますw
 途中までは書けているので、もうちょっと細かいところのプロットが出来上がったらupしていきたいと思っております。
 もう暫くお待ちください><;
 お話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈

2017/11/15 (Wed) 21:57 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/17 (Fri) 20:43 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

ノ様
 訪問&コメントありがとうございます。

 そうなんです;;
 なんか今回突然帰国してしまい……類パパとつくしちゃんの対面シーンを書き忘れてしまい……まだ何かありそうな終わり方になってしまいました><;
 宿題が残っているような気分です^^;
 いつかこの2人の今後を書ければ(忘れていたシーンを回収出来れば)いいなって思います……w

 そしてあっという間の一年でしたw
 マイペース更新で皆様を待たせておりますが、長く続けられるよう……次は二周年を目指して頑張っていきたいと思います。

 次回はパラレルのお話を予定しております。もうちょっと細かいところまでプロットが繋がったら、UPしていきたいと思っております。設定がかなり自由(?)ですので、大丈夫そうでしたらそちらもよろしくお願い致します♪
 寒波到来で急に冷え込みました。ノ様も体調には気を付けて過ごして下さい^^
 お話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈

2017/11/18 (Sat) 23:13 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/19 (Sat) 12:47 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

金様
 訪問&コメントありがとうございます。

 おはようございます。
 女将さんは、癖のあるキャラですよね^^;
 このお話、意外と女将さんが人気物でしたw
 つくしちゃんの強力な味方、影のボス的存在だったからでしょうか……。

 女将vs類君で、つくしちゃんを取り合ってしまいそうな感じですが、お互い踏み込んではいけない最後の一線はキチンと心得ているので、表立っては衝突し合う事もなく、これからも上手く付き合って行くんじゃないかなと思います。
 お話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈

2018/05/21 (Mon) 08:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply