Welcome to my blog

種と蕾の先へ 50

桃伽奈



つくしside

 あたしはリビングから急いでベランダへ出た。
 唯一の出入り口である玄関には警察がいるし、トイレやお風呂に隠れた所で見つかるのは時間の問題だ。

 ベランダから下を覗くと、結構な高さがある。
 そうだ……ここは5階だった。
 ジャンプして降りるには高すぎるって事で、ベランダ伝いに隣の家へ移動する。
 それを何軒か繰り返し角の部屋まで来ると、ジャンプをしてマンションの外階段まで飛び越えた。
 そのまま階段を下りて一階まで辿り着くと、走ったりはせず住民の振りをして入って来たオートロックの入り口から外へ出る。



 マンションから少し離れたところまで歩くと、誰も後ろをついてきていない事を確認し、ホッと息をついた。
 あ、危なかったぁ……。
『つくし、無事に逃げられたか?』
「うん」
『お前が映っていたマンション入り口のカメラ録画には、ウイルスを流して今朝の8時からの画像は残らないようにしたから安心しろ』
「入り口だけで大丈夫なの? 他には映ってない?」
『こういう集合住宅は、プライバシーの問題も大きいから外からの出入り口とエレベーターの中、あとは共同スペース……駐車場とかゴミ捨て場くらいにしかカメラの設置はしてないよ。このマンションは外階段にもついていないみたいだしな』
「そっか」
 ヤスと進が探している公園の方も、目ぼしい人は見当たらないから向こうも一時撤退になった。
『つくしも今日はもう上がっていいぞ。持ってきてもらった物はあとで進に取りに行かせるから』
「わかった。お疲れ様」
『ああ。ゆっくり休め……って、今度の休みは予定入れるなよ』
「わかってるって。毎年の事じゃん。じゃあね」


 あたしは通信が切れたイヤホンを耳から外し、歩いて駅まで向かった。
 それにしてもなんかスッキリしない一日だったな……。
 本当は、なのはな施設の映像を送ってくれた中川職員って人と、ヤスは今日再開してどういう意味があったのか聞けるはずだった。
 でも待ち合わせの時間になっても現れない中川職員の変わりに届けられたのが、倉庫のような場所で椅子に縛られ拳銃を突き付けられている中川職員の姿が映ったDVD。
 ヒロは中川職員と繋がっている人達をあぶり出すための敵の罠だと言っていた。
 それが本当なら、あたしと進はバレていないだろうけど、ヤスは相手に顔がバレちゃったんじゃないの?
 そしてDVDを見たあたし達が、中川職員の家に行くだろうと踏んで警察を呼んだ。

 どれも相手の手のひらで踊らされてしまっていただけだった気がする。

 犯人が誰だか知らないけど、すごく悔しい……。
 なのはな施設のあのよく意味が分からない映像が流れて困る人物って誰?










 品川にあるタワービルの最上階。
 大企業の社長室に相応しい豪華な内装に、座り心地を追求したオーダーメイドの椅子に腰を掛ける男性がいた。
「社長、お待たせしました。先日の谷本薬品での内部告発者が判明しました」
「……ああ。わかったか」
 社長と呼ばれた男は秘書から渡された写真付きの資料に目を通す。

 一か月前、明記されていない原材料が薬の成分に混入されていると内部告発が起き、谷本薬品では警察の立入審査が実施されるほど大きな事件となった。
 その詳細が今回の報告資料には記載されていた。
「名前や戸籍なども偽っており時間がかかってしまいましたが、犯人は沼田康雄です」
「……沼田?」
「11年前、美作商事の諜報員として、なのはな施設の秘密を探ろうとしていた奴です」
「まだこそこそと動いていたのか……」
「あの失敗の後、沼田は美作商事を退職しており、それと同時に繋がりは無くなっておりましたが……こちらを」
 続いて見せられたのは、国立公園の噴水前にいる沼田康雄の写真。
「……ん!?」
「これは先日の国立公園での写真です。なのはな施設に務める中川職員が録画した、隠し撮り映像の送り主をあぶり出すために呼び出した時に現れた者達です」
「……ああ」
 社長はため息のような声を出し、渡された資料を読んでいく。
 2ヵ月近く前、なのはな施設では毎年恒例のサッカー大会が行われていた。
 参加は自由だったが、盛り上がる大会に毎年施設の記録としてその様子を録画していた。
 今回その記録係が、なのはな施設に長年務める中川職員だ。
 子供達だけを録画していればいいものを、何を思ったのかあの2人を撮影していた。
 いや、映像を見た限りでは故意に、だ。
 中川のマンションにあるパソコンの中には、オリジナルの映像と暗号化された映像の2種類が残っていた。

 だが、中川が美作の連中と落ち合う前にこっちの手に入ったのは勝利だ。


「この沼田の横にいる2人は美作の人間です」
「美作大河は手を引いてなかったって事か?」
「いえ……。拘束した中川職員からの話では、沼田が美作商事を辞めた事を知らずあの映像を美作商事へ送ったようです。そこから沼田へ連絡が行ったものと思われます。ですからこの日、諦めきれず水面下で行動していた沼田と、11年前に手を引いた美作の人間が一緒にいたと推測されます」
「つまり今回、図らずしも橋渡しをしたのは中川って事か」
「これがきっかけで、また美作大河が動いたりしないといいのですが……」
「……まぁ、大丈夫だろう。11年前あれだけ脅したからな。……ああ、それじゃあのジュニア達は関係なかったか」
「そう言えば社長はパーティーの時に何か話しかけておりましたね」
「父親達から俺の話を聞いて、首を突っ込みに来たのかと思ったんだが……」
「あの誕生日パーティーの主役は、ジュニア達と同じ英徳学園の子供でしたね」
「なら友達としての参加だっただけかもしれないな。……一応、大河の行動は暫く張っておけ」
「分かりました」

「それとマンションの方は何も釣れませんでした。中川はどうしますか?」
「処分は任せる」
「はい」






 それから2日後。
 男性の遺体が海から見つかるが、身分証明を持っておらずそのまま身元不明として扱われた。


関連記事

にほんブログ村 ランキング参加中♪
Posted by桃伽奈

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/14 (Wed) 20:15 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

 な様
 訪問&コメントありがとうございます。

 いつもありがとうございます♪
 あははw 出番なくして死体に^^;
 でも類つくなんで、オリキャラの彼の出番がなくてもそれほどは……なんて思っておりますww(←こら)

 ラブラブはもう少しお待ちください><
 お待ちくださいと言いつつ、ゆっくり進展ですみません……。
 誰が死のうが、消えようが、類君とつくしちゃんはくっつけますww

 そうですね。まずは仕事から……ですかね?
 類君は疑っているのでバレるのも時間の問題かと……w
 私のお話なんで、シリアスっぽいもの……として軽くお読みください^^;
 詰めが甘いです><;
 お話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈

2018/02/15 (Thu) 10:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply