Welcome to my blog

スポンサーサイト

桃伽奈

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ランキング参加中♪
Posted by桃伽奈

種と蕾の先へ エピローグ

桃伽奈



つくしside

 鍋島の家を出て、類と一緒に時計塔へやってきた。
 なのはな施設で言われた『帰ったら覚悟してね』の意味を、ベッドの上でたっぷりと思い知らされる。
 その日はもう起き上がれず、1日中ベッドで過ごす羽目になった。



 それが終われば、いつもの日常が待っていた。
 自分のマンションで暮らし、昼間は英徳学園へ行って勉強をする。
 将来は管理栄養士になりたいっていう夢も見つかったし。
 休み時間は非常階段に行けば類に会えた。
 たまにF4専用ラウンジに連れて行ってもらうと、そこには美作さん達もいる。
 みんな「類の彼女」のあたしに親切にしてくれた。
 特に美作さんがお世話を焼いてくれるので、類がたまに拗ねているのが可愛く思う。


 ヤスとヒロはもうなのはな施設を調べる必要がなくなり、便利屋を廃業して美作商事に再就職した。
 正確には桜子さんに無理やり引き戻されたような感じで、強引に桜子さんのチームに入れられたみたいだ。
 美作商事の諜報員に未成年は入れないので、進も普通の中学生に戻った。
 が、高校を卒業したら多分仕事を手伝うんじゃないかなってあたしは予想している。

 火事になったヒロ達の家は取り壊して売りに出し、みんなであたしのマンションの近くへ越してきた。
 ヤスに「ここからなら通学出来るし、一緒に住めるぞ」と言われるが、それも類は何だか面白くなさそうな顔をするので現在は保留だ。
 桜子さんに保護され匿われていた横井沙織さんも、もう広田裕介に狙われる心配はないと自分のマンションに帰って行ったが、桜子さんのメイク技術に惚れ込み弟子入り志願をしているらしい。


 その後の広田裕介は、テレビのニュースで知った。
 美鈴さんの両親から谷本薬品が告訴された事により、当時の谷本薬品の社長の久我武文と数人の幹部。それと開発者の水嶋が警察の事情聴取を受けると発表されていた。
 近いうちに、書類送検されるだろうと類が教えてくれる。
 あたしが眼鏡のカメラで撮った名簿を元に、理事長が『ブルー・N・H』の検査するよう呼び掛けているので、なのはな施設に関係があった人達が検査を求めて英徳大学病院へ現れているようだ。
 施設にいる人、卒業して行った人達は一見普通に社会生活をしているのだが、検査の結果は人の言いなりになりやすい傾向がみられた。
 そういう人達には希望者にだけカウンセリングを受けさせる。
 でも相田さんのように『ブルー・N・H』の効果が表れず、途中で施設から追い出された子供は、普通の人よりも多く香りを吸った結果となり、特に精神的に不安定な結果が出てしまう。
 中には入院を必要とする患者も現れた。
 『ブルー・N・H』の治療薬などはなく、ゆっくり患者の心に語り掛けていくしか治療法はないらしい。
 類は、そのうちなのはな施設も保護者から告訴され、所長の席に名前がある広田裕介や、大城戸副所長、全てを知っていた山田主任達も事情聴取を受けることになるだろうと教えてくれた。
 パパ達を殺した腕時計の証拠もあるので、別件でそのまま逮捕状が出るかも知れないが、ここからは類のお父さん達と広田裕介の戦いらしい。





「時計塔の荷物、全部引き上げちゃったの?」
 学園の休み時間、いつものように非常階段で座り、類と話をする。
「ん。鍵はそのまま「俺」だから、いつでも入れるけど……。ちゃんと夜は家に帰ろうかと思って、パソコンもベッドもみんな家に持って帰った」
「うん。それがいいかも」
 散々理事長に怒られていたしね……。

 あたし達は非常階段から、時計塔を眺めた。
 冬の冷たい風が頬に刺さる。
 類と初めて話したのは、まだ暑い季節だった。
 もうずいぶん前の事に思う。
「杏子さんがさ。あの時計塔は母さんのお気に入りの場所だから、自分が理事長をやっている間は絶対に守って見せるって言ってた」
「守るって……? 取り壊すなんて話があったの? あ、そういえば老朽化で閉鎖してたんだっけ……」
「老朽化は、杏子さんが誰も近づかないようにするために流したデマ」
「デ、デマ!?」
「閉鎖の本当の理由は、展望台から生徒が落ちたら危ないだろうって指摘があったからだって」
「へぇ……」
 確かに展望台には柵とかはなく、周りを囲む壁の高さも胸くらいまでしかない。腰を掛けてバランスでも崩したら、大問題になるだろう。


「あ、類。今度の日曜日は、あたしお弁当作るよ。何がいい?」
「……おにぎり」
「おにぎり? 他には?」
「あとはお任せ。昔も母さんがお弁当を作ってくれたけど、俺おにぎりを食べた事しか覚えてない」
「あはは。よっぽど美味しかったんだね」
 あたしも負けないように頑張らなきゃ……って気合いが入る。

 今度2人で一緒に、あたしのパパと、類のお母さんのお墓参りに行く約束をしている。
 花沢家のお墓の近くには公園があり、昔はそこでお弁当を広げて食べたんだと聞いたら、あたしも同じように一緒に食べたくなった。
 外で食べるにはちょっと寒いかも知れないけど、温かいお茶を水筒に入れて用意しよう。
 パパも類のお母さんも、あたし達の事を見守ってくれている気がする。

「楽しみだね」
「ん」


 パパとママがいてくれたから、あたしがこの世に存在する。
 同じように、類にも両親がいてくれたから。
 だからあたし達が生まれて、こうして出会う事が出来た。

 今こうして一緒にいる事は、一つ一つの奇跡が集まったような結果だなと思った。






Fin



※あとがき

 最後までお話を読んで下さりありがとうございました<(_ _)>
 思っていた以上に長いお話になり「あれ? これいつ終わるんだ……」なんて、途中不安を覚えながら進めていきました^^;
 いつもは長くならないようにスッキリさせるため、お話を結構カットしながら書くのですが、今回はあまりカットしませんでした。
 ので、余計ややこしいお話になってしまったんじゃないかな……って思います><
 ついて来て下さった皆様、ありがとうございます><:
 出来るだけ間を開けず、一気読みする方が分かりやすいだろうと思い、一日置き更新から平日更新の週5回っていうのに挑戦してみたのですが、いつの間にか週4回更新……。
 いつまでたっても遅筆です><;

 前半は珍しく真面目にプロットを作って進めたのですが、後半はダレてしまい、いつも通り頭の中だけでお話をつなげていきました。
 ので、回収し忘れたエピソードなどありましたら、ごめんなさい<(_ _)>
 (脳内で好きなように変更して楽しんで下さいませ;;)


 最後にネタバレを。
 「種と蕾の先へ」は、種(パパ)蕾(ママ)の意味で考えました。つまりその先……は、子供達の事です。
 親が過去に残した課題(?)を、子供達が解決するお話にしようって事で、この題名をつけました。
 お話を載せ始めた頃に「あれ? この題名って、大人向けな意味にも取れるのかな……?」って気付いたけど、もう連載が始まっていたし、そのままでw

 が、今まで書いた事がない専門外の分野に、おかしなところが多々あったかと思います;;
 以前「dear」というお話を、ブログから回収して書き直した事があるのですが、今回の「種と蕾の先へ」はあの時以上に回収したい気持ちで一杯です><
 穴に入りたい……;;
 (でも今はこのお話を読み返す元気はないので、暫く放置します……;;)

 お話も当初考えていたのとは随分と違う終わり方になりました。最初のプロットでは、ヒロは途中で死んじゃう予定でしたし……。
 (ヒロがいなくなり、空いた椅子に代わりとして類が座るつもりでした。←これ予想していた方いらっしゃるのかな?)
 けれども、そこまでダークなお話にしなくてもいいんじゃない? って思ったというか……。
 途中から私がヒロに感情が入り過ぎてしまい、殺しちゃうのが辛くなってやめました><
 あと、鍋島のお家の伯父さんも、つくしの事は歓迎していないって最初のキャラ設定には書かれていて……。いざそのシーンを書く時になると、本当にこれでいいのかってすごく悩み、じつは歓迎バージョンもこっそり書いていました。ギリギリまでどちらのお話を載せようか悩み……結局キャラ設定の方を^^;

 こんな感じで二転三転しながら進めていったのですが、無事に終わる事ができてホッとしています。
 ここまでお付き合いくださいました皆様、ありがとうございました<(_ _)>
 また次回のお話をよろしくお願い致します。

 桃伽奈




※明日は素敵なお知らせがあります♪
 私はこ踊りしてしまいました^^


関連記事

にほんブログ村 ランキング参加中♪
Posted by桃伽奈

Comments - 10

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/19 (Thu) 20:28 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/19 (Thu) 21:09 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/19 (Thu) 21:20 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

n様
 訪問&コメントありがとうございます。

 いつもお世話になっておりますw
 もうLINEではおバカ発言ばかりしてしまい……すみません><
 何度も言います。
 暑さのせいですww

 桜子さんは……。あははw 
 もうこれ以上登場人物を増やしたくなくて……無理やりの登場です^^;
 原作とは立場も年齢も違うので、性格もかなり違うんじゃないかな…なんて思います。

 題名の大人向けな表現……w
 やっぱりn様は、仲間ですわんww
 今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>
 学生時代の時間は本当に特別ですよね。もう戻れないあの頃……;;
 もう一度、今度はお話の中で青春を謳歌しましょう^^

 お話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈

2018/07/19 (Thu) 22:51 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

ま様
 訪問&コメントありがとうございます。

 いつもありがとうございますw
 ややこしいお話に、もうグダグダでしたが、最後まで書き終わる事が出来てホっとしております^^;
 
 そう言っていただけて、ヒロを殺さなくて良かったと安心しました><w
 ですです。これ以上悲しいのは……。
 個人的には、明るくて楽しいお話が好きです♪
 なら何でこんな話を……ですよね>< 
 (書いている途中、何度何度も後悔しました><;)

 はい♪
 今頃お話の2人は仲良く、お部屋で水槽にいるクラゲをのんびり見ている頃だと思いますw
 もしくは、準備をしている最中かも……ww
 あと、お墓参りも控えていますし^^
 これからは2人で幸せに暮らしていってくれるんだろうなと思います♪
 最後までお話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈

2018/07/19 (Thu) 23:13 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

管様
 訪問&コメントありがとうございます。

 はじめまして。こんばんはw
 あらら><;
 最後の最後にまでやってしまいました^^;
 教えて下さりありがとうございますw
 修正しました。

 大変なお仕事かと思いますが、お疲れが出ませんように。
 最後までお話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈
 
 

2018/07/19 (Thu) 23:26 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/20 (Fri) 09:25 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

星様
 訪問&コメントありがとうございます。

 いつもお世話になっております><w
 無事に終われてホッとしております。
 でも色々間違えている箇所もあり、回収したい気持ちでいっぱいです(´;ω;`)ウゥゥ
(暑さのせいにできない、おバカなとこが沢山;;)

 じつは去年の6.7月頃から他の話と並行して少しずつ書いていたので、もう1年……。
 飽き性の私がよく続いたなって、自分で驚いています^^;
 そしてどれだけ書くのが遅いんだ……ですね><

 いえいえ、「ドンパチ」はやっぱり星様のものですww
 ハラハラドキドキなお話をお待ちしております^^
 最近はおバカな事しかLINEで発言してないような気がしますが……これからもよろしくお願いしたします<(_ _)>
 お仕事は大変かと思いますが、熱中症にならないよう気を付けてくださいね><

 最後までお話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈

2018/07/20 (Fri) 19:12 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/10/10 (Wed) 17:28 | EDIT | REPLY |   
桃伽奈  

k様
 訪問&コメントありがとうございます。

 こんばんは!
 返信が遅くなりすみません><
 一気読みだと疲れたかと思いますが、読破ありがとうございますw
 誤字脱字などあるので一度読み返して修正したいと思っているのですが、私にしては長い話になってしまい、なかなか作業が進みません^^;
 (重い腰が(お尻もですが…)なかなか上がらないという…;;)

 修正も新しいお話もゆっくりマイペースで進めていきたいなと思っております。
 そう言ってもう数か月更新しておらず、ちょっと焦っていたり^^;
 
 私も未だにブログへコメントを送る時はドキドキします。
 コメントの場所は大丈夫ですよ。ちゃんと鍵付きにもなっておりますのでご安心ください^^
 お話を読んで下さりありがとうございました。
 桃伽奈

2018/10/13 (Sat) 02:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。