Welcome to my blog

スポンサーサイト

桃伽奈

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ランキング参加中♪
Posted by桃伽奈

あまい(theme [firefly])

桃伽奈


恋い焦がれ
  鳴く蝉よりも
鳴かぬ蛍が
  身を焦がす


きっかけは何だったんだろう?
何気ない会話の中での約束だった筈だ。

お互いに色恋を持ち込まなくていい相手。
お互いの置かれた立場を分かり合え、気楽に愚痴を言い合える相手。

ただそれだけだった。

その思いは未来永劫変わらぬ筈だった。


きっかけは何だったんだろう?
いつのまにか心の奥底に住み着いていた。

何度も何度もブレーキをかけた筈なのに……好きだ、愛してると言えない恋は、深く静かに心の中に降り積もっていった。




「あっ 蛍 あっ、アッチにも うわっ コッチにもいるよ ココって、本当に穴場だよね」

薄雲で月も覆われた暗闇の中、牧野のはしゃぐ声だけが聞こえる。不思議と居心地が良くて俗世の垢が落ちていくようで思わず目を閉じる。

牧野と二人、遅めの蛍狩りをするようになって何年目になるのだろう。疾しいことなど何一つ無い筈なのに人目を避けるように二人でこっそり八月の蛍を愛でる。


「七年目だよ」

いつのまにか戻ってきた牧野が俺の隣に腰掛けながら口にする。

サワサワと風が吹く音と川の流れる音だけをBGMに。


なんで考えてることがわかった?なんて聞くよりも

「あぁ そうだな」

そう答えれば。牧野が俺を覗き込み

「去年も一昨年も一昨々年も此処で聞いたから」

種明かしをしながら、くすりと笑う。
薄雲に覆われていた月が顔を出し、牧野の微笑む顔を照らし出す。

「綺麗だ……」

心にしまっていた筈の言葉が滑り落ちていく。

俺は慌てて

「月があんなに真ん丸だ」

くだらない事を口にして、滑り落ちた言葉まことを無いものにする。

「っん? あたしがじゃないのかい?おっ父さん」

「誰がおっ父さんだ!」

「うふふ 西門おっ父さん」

さして面白くないのに、その場を誤魔化すように笑う。

誤魔化す?

何を?

誰に?

なぜ?

自問自答しながら、牧野の顔を見る。牧野はニッコリと笑ってから、ガサゴソと鞄を漁り俺の掌に何かを乗せた

「はい」

有平糖あるへいとう?」

「うん。綺麗だったから」

蛍の光のようにキラキラ光る有平糖を口に入れれば、サクッとした食感の後、口の中でホロリと溶けていく。

「甘いな」

「うん。甘いね」

牧野は立ち上がり月明かりの中


ほう ほう ほたる こい
あっちのみずは にがいぞ
こっちのみずは あまいぞ
ほう ほう ほたる こい


ほう ほう ほたる こい
あっちのみずは にがいぞ
こっちのみずは あまいぞ
ほう ほう ほたる こい


呟くように歌いながら歩く。

薄雲が再び月を隠して行く。

「越えられないものって……やっぱりあるんだよね。
自分じゃ、どうしようもない事もやっぱり世の中にはあるんだよね。

あたし、海外転勤することにしたんだ。だから来年は来れないと思う」

ぽわぁん、ぽわぁんと再び蛍が光りだす。

その様があまりにも幻想的で、牧野がこのまま消えてなくなりそうで

「牧野、行くな」

そう叫んでいた。

ゆっくりと振り向いた牧野の表情かおはよく見えない。細い肩が微かに震えているのだけが目に入る。

手を伸ばし、俺は牧野を抱きしめ口づけを落とす。

有平糖の甘い味が口の中に広がっていく。

蕩けてしまいそうな甘美さが脳髄を駆け抜けていく。

コイツさえ側に居てくれれば、何も怖くない。
いいや、コイツを失うこと以上に怖いものなどないと思った。


一人じゃ越えられなくても二人でなら越えることが出来る筈だ。
それが決して平坦な道のりでなくとも、コイツさえいてくれれば、そこは甘い場所なのだから。



ぽわぁん ぽわぁん
今年も二人、蛍を愛でる。


ほう ほう ほたる こい
あっちのみずは にがいぞ
こっちのみずは あまいぞ
ほう ほう ほたる こい



つくしが俺の掌に有平糖を手渡しながら、口ずさむように歌う。

幸せを噛みしめ、甘い口づけを落とす。

「甘いな」

「うん。甘いね」



ほう ほう ほたる こい
あっちのみずは にがいぞ
こっちのみずは あまいぞ
ほう ほう ほたるこい





banner_soujiro_asuhana.jpg
関連記事

にほんブログ村 ランキング参加中♪
Posted by桃伽奈

Comments - 4

There are no comments yet.
スリーシスターズ  

asuさん、こんにちは。
なんとも儚い総二郎くんの恋心。
7年間心の中にとどめてきた想い。
来年は一緒に来れないと言われて、やっとつくしちゃんをこの手に掴んだ総二郎くん。
そしてこれからもずっと2人で蛍を愛でていくのでしょうね🎵
静かな時間にひたすらに「無」になってこのお話読んでみたいと思いました。

2018/07/15 (Sun) 13:31 | EDIT | REPLY |   
asu  
スリーさま

静を感じていただけたとしたら
すんごく嬉しいです。
うふふ
ありがとうございます♡

2018/07/15 (Sun) 18:17 | EDIT | REPLY |   
さとぴょん  

「牧野、行くな!」
7年目でやっと言うたか・・・
よかったよかった。
暗闇の中淡く光るホタルたちの中で
燃えるような口づけを交わすふたりが印象的でよかったです。
蕩けていくような甘美さが脳髄を駆け抜けていく
味わいたいやね♡
こんなキス・・・(*ノωノ)♡
とりあえず金平糖・・・じゃなくて
有平等かぁ・・・
asuちゃんしぶいとこついてきますねぇ・・・♡
うちは黄金糖しか食べたことないっちゃ!(;^ω^)

2018/07/16 (Mon) 15:42 | EDIT | REPLY |   
asu  
さとぴょんさま

うふふ
有平糖は、洒落てるデザインがあるのと
フワッと口の中で甘さが広がるのだ♡
口に残らない甘いものを食べたあとのキスは
とても甘美なので、是非今宵ダーリンと♡
イシシっ

2018/07/16 (Mon) 19:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。