Welcome to my blog

スポンサーサイト

桃伽奈

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ランキング参加中♪
Posted by桃伽奈

『夫婦の日』のお話し 前編

桃伽奈


十一月二十二日、いい夫婦の日。
年に一度そんな風に呼ばれる日がある。
でも、毎月二十二日も『夫婦の日』なのだそうだ。


─ふぅ~ん、そうなんだ…
─よしっ!決めたっ、今日にしよう♪


類は何時になく浮き立った気持ちを抑える様に、つくしとの待ち合わせ場所へと愛車を走らせた。




その頃、つくしはといえば…

「あ~ぁ…」

待ち合わせには、まだ少し早い時間帯。忙しい類との久々のデートを前に、早めに家を出て街中をふらり、歩いていたのだが…

目についたのは、とあるショーウインドーに飾られている1着のウェディングドレス。そこでつい、溜め息を溢してしまっていることに、本人ですら気付かない。


「…結婚、かぁ…」


*

それは昨日、突然親友からかかってきた一本の電話が原因だった。


─『ええっ!優紀っ///…結婚するのっ///!?』

付き合っている彼がいるとは聞いていた。だけどまさか、まだこの年で…

慌ててそう感想をもらしたつくしに、


─『確かに、あたし達仕事もまだまだこれからだよね… でも彼がね? 別に好きなら、このまま辞めなくても良いって、そう言ってくれて…///』

─『…へっ?』

─『実は、少し年上の人なの…// てっきり家庭に入ること前提なのかと思ってたら、彼ったら… 「人生のパートナー」として、これからも私と歩いて行きたいんだ、って/// だから…///』


…へ、へぇ~///…

声だけですぐに思い浮かんだ。
恐らく今も…頬を染め照れながら話す優紀は、きっと絵に描いたように、幸せそうな顔で…


─『それなら良かったよ//… うんっ!おめでとうっ///!!』

つくしも素直に祝福の言葉を告げた…筈なのに…


…ズキッ… て、…あれ??


─『ありがとうつくし//!…で、つくしの方こそ、花沢さんとはどうなの?』

─『へえっ? ど、どうって…//』


幸せな優紀に比べて、では自分達は? と…
そこで初めて、つくしは我が身を振り返る。

確かに…

類とは付き合って2年経つし… その間も、社会人になっても波風なく、ずっと平和に続いてはいるけれど…


─『きっと花沢さんの事だもんね!別に今じゃなくても、きっと将来は…』

─『えっ!将来っ///』

─『え?…だってさ?花沢さんとそういう話ってしないの? 例えばこの先、どうなりたいか、とか…』


…へ、へぇ…

電話越しにも思わず頬がひきつった。

─だって、類との付き合いといえば…//

電話やメールは、頻繁にする。
あたしは仕事や近況をたくさん話して… それを類が、いつも笑顔で聞いてくれて…

で、たまのデートも結局まったり過ごして… そのままイチャイチャしたりして…///

たっぷり充電貰ってから、あたしはまた、仕事して…


って… そういえば、付き合ってからずっと…!!

それの、繰り返しだ……



─『…つくし? 大丈夫…?』

─『…っ///! ゆ、優紀~っ///!!』

何故だか急に不安になり、そのまま思わず優紀に泣きつく。でも結局、最後に言われたのは…


─『もう!大丈夫だよ? そういうのってほら…タイミングって言うからさ? 花沢さんとつくしには、きっとまだ、来てないだけで…』


…だけど…

その肝心のタイミングがいつかなんて…勿論優紀が知る筈もなく…


*


「はっ!まさか…果てはこのまま、ズルズルとっ…」

タイミングを逃して、結局長年付き合った人とは別れて、って…
確か職場の先輩がそんな話、してなかったっけ///!?


「ハァ… でも、それだけは、嫌…」

またまた漏れた独り言。

それをまさか、見られているとは思わずに…

つくしが再びドレスを見上げ、溜め息をついた時だった。



「よお! 恨めしそうに何を見てるんだ?」
と、突然声がかかる

へっ?と、そちらを向くと総二郎がすぐ隣に立っていた

「へぇ… なるほどな」
と呟くと、ニヤリとした表情でつくしを見る

瞬時につくしは顔を赤らめる
ウエディングドレスをマジマジと見ていた事が恥ずかしい
それはつまり…結婚を意識していることがモロバレだからだ

「べっ、別に…深い意味はないんだからね! ちょっと目に付いたって言うか…綺麗なデザインだなって言うか…」
と、必死に言い訳をするが、シドロモドロで逆に信憑性を増している

「ふ〜ん…」
と相槌を打ちながらも、総二郎の顔はニヤけたままだ

「んじゃ、ちょっと入ってみようぜ!」
「へっ?」

「綺麗なデザインなんだろ? 目に付いたんだろ? だったら、ジックリ見させてもらおうぜ? 今後の為にもな!」
「えっ? 今後? いや…でも… あっ、類との待ち合わせが!」

「見るだけならそんなに時間もかからねぇだろ? ほらっ、入るぞ!」
と、総二郎に腕を掴まれ、ズルズルと引き摺られるように店内へ入っていった


「「「いらっしゃいませ!」」」

白を基調とした店内は明るく、中央には花が活けてありとても綺麗なお店だった。
流れてくるオルゴールのBGMも会話の邪魔にならない抑えたボリュームで、披露宴で使われるような結婚ソングである。
嫌でも「結婚」の二文字を意識してしまうお店に、つくしは緊張した。


「どういう雰囲気の物をイメージしているとかありますか?」
「え?」
お店の入り口から一歩も動けず、マネキンが着ているドレスをその場で眺めているだけのつくしに店員が声をかけてきた。
「Aライン、プリンセスラインと色々あります。肌を見せるのが恥ずかしければハイネックなどもありますよ」
さぁ、こちらへどうぞ……と優しく迎え入れようとする店員に、総二郎は軽くつくしの背中を押し歩き出した。

ドレスがハンガーに吊るされ並んでいるところまで連れて行ってもらうと、つくしの目が少し輝くのを総二郎も店員も見逃さなかった。
さっきの表に飾られていたドレスと同じ物もあり、無意識につくしの手がのびる。


……素敵……って思いながら、ドレスのデザインを確認していると、
「どうぞ、ご試着も気軽になさって下さいね」
と店員は親切に勧めてくれる。

が、その一言で夢の世界に入っていたつくしは現実に戻され、「そんなつもりはない」って視線を総二郎に送った。
「ぷっ。すげぇ目力!」
「なっ、それはどういう意味よ!!」
「くくくっ……」
楽しそうに笑った後、総二郎は試着を断り「パンフレットがあれば貰える?」と尋ねた。
「はいっ。お持ちしますので、お待ちくださいませ」
店員がその場を離れると、つくしはお礼を口にする。
「西門さん、ありがとう」
「いや……。つくしチャンのウエディング姿を俺が一番に見たら、アイツに殺されちまうしな」
「……え?」
どういう意味かと聞き返そうとすれば、素早い店員はいくつかのパンフレットを手にしてもう戻ってきた。


そのパンフレットをつくしは大事そうに鞄の中にしまった。






banner_rui_sorairo.jpg

banner_rui_nagiko.jpg

banner_rui_riorio.jpg

banner_rui_momokana.jpg
関連記事

にほんブログ村 ランキング参加中♪
Posted by桃伽奈

Comments - 4

There are no comments yet.
スリーシスターズ  

またまたおはようございます。
あらつくしちゃん、優紀ちゃんの結婚報告に落ち込んでる(^o^;
そんな時にショーウィンドーにウェディングドレスがあったらね!
いいな~って思いながら見ちゃいますよね!
そこに総二郎くんが!!
まぁ~見るのはタダだし、時間もかからないだろうし、中に入ってみよう!
って総二郎くんと入ったら、店員さん勘違いしますよね!
試着もできますよ~の言葉につくしちゃん試着しようとしていた!?
いやいや、総二郎くんの前ではダメですよ~(^_^;)
パンフレットを貰って気分良く出てきたつくしちゃん。
あ~こんな所を類くんに見られていませんように!
類くん、もしかしてもしかすると・・・
今日つくしちゃんに・・って考えてたかな~(^o^)

2018/08/22 (Wed) 07:48 | EDIT | REPLY |   
類君前編担当・・・りおりお  
スリーシスターズ様

お越し頂きありがとうございます
しかし、今日も暑いですねぇ
そんな中、お話もアツアツと、、、まではいきませんでした(笑)
つくしちゃん、何気にショックを受けています
そりゃあね、親友が結婚すると聞いたら「おめでとう」と思うけど、取り残された気分にもなりますよね
もちろん、類君とは順調なんですけど、それならなんで?と思ってしまいますから
そんな時に、ウエディングドレスは目の毒です
ついつい意識をしてしまいますからね
しかも総ちゃんに見られて、一緒に店内に入り、沢山のドレスを手に触れながら眺めていたら、脳裏には類君とのウエディングが思い浮かんでしまって!!
類君、、早くプロポーズしないとぉ、、
つくしちゃんを待たせすぎだよぉ、、
って事で、この後もお楽しみくださいね
そして、第二部にも足を運んで下さりありがとうございます
この暑さを吹き飛ばす勢いで怒涛のアップが続きますので、是非お楽しみに~

2018/08/22 (Wed) 18:00 | EDIT | REPLY |   
さとぴょん  

類くんのお話「夫婦の日」
こちらは
空色様
凪子様
りおりお様
桃伽奈様
お話ありがとうございます。
優紀の結婚報告
ありったけの「へ?」を使って祝福するも
つくし、落ち込みは半端ないですよね。
そして、ひょっこりはん、のように現れた総二郎。
あっという間につくしの気持ちを理解しちゃいましたね。
一緒にお店に入っちゃうところも
パンフレットをさらっと頼むところも
総ちゃんらしいですよね( *´艸`)
類より先に見たら命がない。
間違いなく、目からビーム出て消されそう( *´艸`)
総ちゃんは類くんの気持ちがちゃんとわかってるけど
それは教えられないですよね♡
続き楽しみにしてます♡

2018/08/22 (Wed) 23:52 | EDIT | REPLY |   
類君前編担当・・・りおりお  
さとぴょん様

つくしちゃん、複雑です
優紀ちゃんの結婚は嬉しい知らせですけど、先を越された感じがヒシヒシと、、
自分は未だプロポーズすらされていないんですからね
そして、思わず目についたウエディングドレス
そりゃぁ憧れますよねぇ
そこを総ちゃんが偶然見つけるなんて、、
直ぐにつくしちゃんの気持ちが分かる所も凄いですよね
もちろん類君の気持ちも分かっているはず
その時が、そろそろ訪れると言う事も
つくしちゃんのウエディングドレス姿を見る事は憚られますけど、こうして二人を応援する気持ちは大きいんですよねぇ
総ちゃんは、ホントに良い奴だ(笑)
(知ってるよ❤って声が聞こえてきますが、、、)
第二段にもお越し頂きありがとうございます
楽しんで下さいね

2018/08/23 (Thu) 07:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。