Welcome to my blog

スポンサーサイト

桃伽奈

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ランキング参加中♪
Posted by桃伽奈

月が赤かったから……part3

桃伽奈

【注意書き】
こちらは、参加メンバー内で相談をしている際に、派生して出来たお話となります。
内容は、好みが分かれるものとなっております。
各自ご判断のうえ、お読み下さいませ。
なお、このカテゴリのみ、作者名は記載致しておりません。
その辺のご推察も併せてお楽しみ下さい。






「……類……」


「…総……二郎……」


「…どうしても、帰るのか?」


「………」


「ここには、居られないのか?」


「………」


「類っ!」


「…ご、ごめん…」

咄嗟に総二郎は、謝る類の肩を掴んでいた。

「痛いっ」

思いの外に力が込められていたようで類が小さく声を上げる。その声に反応するかのように、総二郎は顔を上げ類を真っ直ぐに見た。
赤く光る月が類の白い肌を照らしている。こんな時だと言うのに、いや、こんな時だからこそ総二郎の唇から感嘆の声が漏れた。

「綺麗だ……」

類の肩をそのまま抱き寄せるかのように、自分の胸元に引き寄せれば、甘い香りが総二郎の鼻腔を刺激した。

二人の間に、不自然なほどの静寂が訪れる。
視線が絡み合う。どれくらいの時間、二人の視線は絡みあっていたのだろう? それは一瞬のようで永遠のような不思議な時間。

最初に視線を外したのは類

「…総…二郎…ごめ…ん…赦して」

「ダメだ…赦さねぇ…」

「…なんでも…するから」

頑なに首を縦にふらない総二郎に、縋るような視線を這わせる。

先ほどより赤さを増した月が二人を照らす。


「チッ、じゃぁ いい美容整形探しとけよ」

「えぇーー 面倒じゃん」

「あぁ? 喰っちまった苺の代わりに、何でもするって言っただろうよ
ったく、いきなり帰るなんて言い出して、怪しいと思ったんだよな
それにしても、あんなにいっぱいあったのを良く喰ったよな」

「ア…ハハッ…」


斯して……総二郎のお尻の黒子のために類が奔走したのであった。



つづく…?
関連記事

にほんブログ村 ランキング参加中♪
Posted by桃伽奈

Comments - 4

There are no comments yet.
さとぴょん  

え?ちょっと待って?
ホクロだと思ったら、イチゴの種だったってことではないんですよね?
ホクロは結局あったと。
イチゴ食べられて、総ちゃんが類をせめてるってことですね?
こんな風に攻められるなら、イチゴ食いまくりたいですよね。
うん、でもいちばん食べたいのは総ちゃんとるいくんの、バナ・・・
じゃなくて、総ちゃんと類くんのハート、そう、ハートだよね♡うん。
このお話を書いた作者様は
コメントの返信に、お名前のいちばん上の文字と
イチゴは、そのまま食べるのか?
練乳かけて食べるのか?
お答えいただくようお願いいたします。
お話ありがとうございました♡

2018/08/24 (Fri) 16:26 | EDIT | REPLY |   
覆面9号🍀  
さとぴょん様

作者予想楽しみにしてたのになぁ〜❤️
苺ですか?
苺はもちろん素材のままで頂きます。
練乳は、ミルクジャムのようにフランスパンに付けて食すのが好きです。
バナ……も好きです。
おっと失礼。
まだまだ続くよ暑い夏ということで
続きは、さとぴょん様にお願いすることが満場一致で決定致しました。
楽しみにしておりますので、どうぞ宜しくお願い致します🍀

2018/08/24 (Fri) 22:18 | EDIT | REPLY |   
さとぴょん  

フランスパンに練乳をかけて食べるおしゃれな作者様へ
わお♡
そういう食べ方初めて知りました♡(*^^*)
美味しそうですね。今度やってみようかしら♡
続き?
続きを書くって、ワタクシめがでしょうか?
そんな才能があればばんばん書かせていただくのに残念です。
そうですね。
総ちゃんの生練乳をこっそり送っていただけるなら
誰かに頼んでみましょうかね(笑)

2018/08/25 (Sat) 10:58 | EDIT | REPLY |   
練乳……それは白く甘いもの  
さとぴょん様

生練乳……西門流生練乳
この秋のヒット商品になりそうですね
私も是非ご相伴に預かりたい
あっ
花沢生搾りと言うのでも良いですね。
いやっ
違います
大変失礼致しました。
まぁ それを含めて
色々お待ち申し上げております。

2018/08/25 (Sat) 18:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。